MP3音源でハイになるデジタルドラッグ

デジタルドラッグとは、音楽で麻薬と同じようにハイになれるMP3音源です。

合法でハイになれるデジタルドラッグは、米国の青少年の間で流行しているそうです。音源ファイルを聞くことにより薬物を摂取したような効果が表れるという。合法なだけにネットで検索すると動画などが大量にヒットします。

また、デジタルドラッグを試す人々の動画も大量にヒットするためこれをみた保護者や教育関係者らはデジタルドラッグは違法ドラッグ使用のきっかけになることを懸念しています。

デジタルドラッグの音源は、「バラノーラル・ビート」という音の仕組みを利用して人間の耳にそれぞれ別の周波数の音を聴かせると、脳がその周波数の違いを補正しようとして、周波数の差のビートを脳内で作り出すことで、この差の大きさによりアルファ派やベータ派、シータ派などを誘発し、心理的もしくは神経学的な効果が得られるようです。

麻薬のように人体への影響は差ほどないような気もしますが、脳への影響などを考えると興味本位で試すことすら、ためらいたくなります。

ハイになりたいと思う若者の現実逃避の根本を解決したいものです。

合法でない限り、ネットで氾濫し、制御することもままならいと思うと怖い存在なのではないでしょうか。